有料老人ホームとは

有料老人ホームは、65歳以上の高齢者が食事の介助や入浴介助などの日常生活の介護サービスや、食事の提供や居室の掃除などの生活介護サービスを受けることのできる民間経営の高齢者施設です。
有料老人ホームは、入施設が提供するサービス内容や居者の健康状態により、介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームの3タイプに分かれます。

 

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、介護が必要な人が対象となります。
介護保険で特定入所者生活介護の指定を受けており、施設のスタッフによる食事・入浴などの介護サービスや機能訓練が受けられます。

 

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、介護が必要な人・必要のない人の両方が入居できます。
介護が必要な人には、訪問介護サービスやデイサービスなどの在宅介護サービスを利用することになります。

 

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、自立した人が対象です。
元気な高齢者が楽しく住した毎日を送ることを目的とした施設です。
食事の提供はありますが、介護が必要となった場合は、退去しなければなりません。

 

 

有料老人ホームの費用は、入居時に支払う入居一時金と、毎月支払う月額利用料があります。
入居一時金は、設備や土地が購入されているか借地かなどによって大きく異なるため、有料老人ホームにより様々です。
また、月額利用料は、管理費、食費や光熱費などがあります。
さらに、介護度にあわせた介護保険1割の自己負担分や、おむつなどの消耗品費、医療費などが必要となります。

 

有料老人ホームは、医療的な処置を行うことはできませんが、健康管理や緊急時の対応など、嘱託医や協力医療機関を定めていて、医療機関を受診した際に、医療費が自己負担となります。
また、介護保険の自己負担分は介護度により定められていますが、それ以外の費用は施設によって違います。

 

有料老人ホームは、高齢者のための住居ですので、一定の年齢以上の方になり、60歳以上とする施設が多いようですが、施設によって違いますので、確認が必要です。
ご夫婦で入居の場合は、どちらかが60歳以上とする場合が多いようです。

 

有料老人ホームでは、毎日の生活を便利に快適に過ごせるよう、さまざまなサービスを提供しています。
介護サービスの内容は、有料老人ホームを選ぶときの重要なポイントです。
介護が必要になったとき、どのような介護サービスを受けることができるのかなど確認しましょう。 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

老人ホーム選びの情報収集におすすめ!

老人ホームの情報収集には以下のサイトを利用するのがおすすめです。
気になる施設があった場合には、その施設の資料を入手してじっくり比較検討してみるのが良いでしょう。
複数の施設の資料を一括請求できるのでとても便利です。資料請求は『無料』です。


シニアの安心相談室 老人ホーム案内

シニアの安心相談室 老人ホーム案内

全国で2,800以上の有料老人ホームの【資料請求】【空室確認】【見学予約】をすることができます。
もちろん、すべて無料で利用できます。

『シニアの安心相談室 老人ホーム案内』の良いところは、電話でも相談できる点です。
「私の条件の場合は、どのような施設を選べば良いのかわからない」という場合は、気になる事を一つ一つ相談してみましょう。
有料老人ホーム選びに必要な知識と経験を有するベテランの女性相談員さんが、どのようなタイプの施設・サービスが必要なのかアドバイスしてくれます。
通話料も相談料も無料です。

通話料無料 0120-250-096
相談受付時間:【平日】9時〜20時 【土日祝】9時〜18時 



有料老人ホームの検索とネットからの【資料請求】と【見学予約】は公式サイトをご利用下さい。



探しっくす

探しっくす

全国約2,000件以上の有料老人ホーム・高齢者住宅を検索し、資料請求ができるサイト。
見やすくてわかりやすいサイトなので、おすすめしています。

介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



LIFULL介護

LIFULL介護

全国約32,000件以上の有料老人ホーム・介護施設情報を検索できるサイト。

物件数はが断トツに多いので、上記2サイトであなたがお探しの地域の施設数が少ない場合は、LIFULL介護で探してみて下さい。

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。