サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは

サ高住について詳しく解説します

 

サービス付き高齢者向け住宅は最近非常に数を伸ばしてきている施設です。「サ高住」と呼ばれます。

 

そのため、非常に多くの高齢者が入居されており、そこで働く職員の数も年々増加してきています。

 

サ高住とはいったいどのような施設なのでしょうか?ここではサ高住について詳しく解説をしていきます。

 

 

サービス付き高齢者向け住宅はどんな施設?

  • 高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)に基づく住宅
  • 高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる賃貸等の住まい

 

サ高住は、特養(介護老人福祉施設・特別養護老人ホーム)や有料老人ホームとは違って、根拠となる法律が異なります。

 

サ高住が根拠とする法律は国土交通省と厚生労働省の「高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)」が根拠となっています。

 

それまではサ高住の代わりとしては、高齢者円滑入居賃貸住宅、高齢者専用賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅がありました。

 

しかし、これらは介護の部分が非常に曖昧であり、高齢者が安心して住むことはできず、トラブルも非常に多くありました。高齢者が安心をして生活できなかったのです。

 

「高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)」はその名の通り高齢者の住む場所に関して安定を確保する法律です。

 

この法律では、サ高住はバリアフリーの導入や、介護サービスの基準、契約の決まり事など様々なことが決められて安心して生活できるような施設作りとなっています。

 

2011年から登場したまだまだ新しい施設ですが、これからも伸びることが期待されている施設であるといえます。

 

サービス付き高齢者向け住宅にはどんな人が入れるの?

  • 60歳以上の高齢者
  • 要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満の方
  • 上記の同居者

    ・配偶者(届出はしていないが事実上の夫婦と同様の関係にある方も含まれます)
    ・60歳以上の親族
    ・要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満の親族

 

法律では60歳以上の高齢者と明記されていますが、サ高住の対象者の基本としては「自立をしているが、生活に不安を持っている方」です。

 

高齢者が一人暮らしをしていると、様々な不安があります。例えば「悪い人が来て騙されたりしないかしら」「倒れた時に誰か助けてくれるのか」などがあります。
これらの不安を解消するために、サ高住はあります。

 

しかし、最近では対象者を広げて「常時介護を必要としている人」を対象としているサ高住があります。

 

ここでは自立した方のみを受け入れるサ高住は「一般型」、重度の方でも受け入れることができるサ高住を「介護型」と分類して説明をします。

 

介護型サ高住がなぜ生まれたのかというと、有料老人ホーム(特定施設)の設置規制があるからだといわれています。

 

本当は有料老人ホームを設置したいが、自治体が設置上限を決めているのでそれ以上建てることが出来ないため、「介護型」サ高住を建てる流れとなりました。

 

また、サ高住は有料老人ホームに比べて設備基準や人員配置などが緩いのでそのような理由で設置している場合などがあります。

 

サービス付き高齢者向け住宅ではどういうサービスが受けられるの?

  • 安否確認サービス
  • 生活相談サービス

 

受けられるサービスについては入居する人は重要視していますよね。

 

サ高住自体が実施しているサービスとしては2つだけです。安否確認サービス、生活相談サービスとなります。

 

安否確認サービスとは定期的に職員が部屋を訪れて安否を確認します。

 

定期的にというのは、おおよそ2時間に1度実施しているところが大半です。そこで異変があれば救急車を呼んだりなどの対応をしてくれます。

 

生活相談サービスとは、資格を持った職員が生活の相談に乗ってくれます。相談は多岐にわたります。

 

例えば、他の入居者と折が合わない、介護サービスを利用したいけどどうしたら良いのかなどを教えてくれます。

 

その他のサービスとしては、施設によっては食事サービスを提供しているところもありますし、レクリエーションや体操などを定期的に実施しています。

 

また、どうしても生活で手伝ってほしい場合は実費で利用できるように人員を置いているところもあります。

 

サービス付き高齢者向け住宅で介護が必要になればどうしたらいいの?

サ高住では基本的に自立が求められますが、場合によっては介護が必要な場合もあります。

 

そんな時は、在宅サービスを使うことになります。

 

サ高住は施設ではなく、サービスがついている高齢者向けの住宅になりますので、自宅扱いになります。
そのため、通常の自宅のようにケアマネジャーがついて、ケアプランがあり、介護サービス事業者が介護サービスを提供していきます。

 

例えば、掃除が一人ではしんどくなってきた場合は訪問介護を使いますし、福祉用具のレンタルをしたいのであれば福祉用具貸与、リハビリがしたい場合は通所リハビリや通所介護、または訪問リハビリなどを利用することができます。

 

介護型型サ高住では、これらが整備されており重度の方でも問題なく生活が出来るようになっています。

 

施設の中に訪問介護やデイサービスなどがあり、その施設で住んでいる方専門に作られているところもあるほどです。
一日に数回の訪問介護、週に数度のデイサービスを利用して切れ目のないサービスを提供しています。

 

もし介護が必要だと感じた場合は、まずは生活相談サービスを利用しましょう。
そこで介護認定の受け方やケアマネジャーを紹介してもらって介護サービスを受けれるようにアドバイスをしてくれます。

 

サービス付き高齢者向け住宅の費用はどれぐらいかかる?

■一般型

  • 初期費用:敷金として家賃の2か月分程度(数十万円程度)
  • 月額費用:5〜25万円(目安)

■介護型

  • 初期費用:数十万円〜数千万円
  • 月額費用:15万円〜40万円(目安)

 

サ高住も有料老人ホームと同じく、入居時にお金がかかるところがほとんどです。

 

費用としては0円〜高いところで数千万円のところもあり、施設によってはそれぞれ違います。

 

安いところと高いところの差は、設備面、サービス面があります。
高いところでは設備もきちんとしておりホテルのようなところもありますが、安いところでは建物自体も古い場合もありますし、簡素な作りになっているところもあります。

 

サービス面としては高いところでは常時数名の職員が在中しており、何かあればすぐに駆け付けてくれる準備をしています。反対に安いところであれば職員の数は最低限であり、サービスとしては充実しているとは言い切れません。

 

一般型サ高住では数十万円程度のところが多いですが、介護型のサ高住としては数十万円〜数百万円のところが多いです。また、数千万円の高いところでは、介護型サ高住がほとんどの割合を占めるのが特徴としてあります。

 

月々の料金としては20万円前後平均的な額です。家賃や管理費などが主になり、それだけの場合は16万円〜18万円ぐらいが多いのですが、要介護になり食費や介護保険料が必要になってきますと25万円を超えることもありますので注意しておきましょう。

 

サービス付き高齢者向け住宅の入所手続き&申し込み方法

  • 入所したい施設に直接申し込みの手続きをします

 

サ高住は施設であり、契約手続きを踏んで入居します。

 

申し込みの方法としては、まずは見学が一般的です。見学をしてもらって気に入れば契約をするという流れになります。

 

場所によっては体験利用をしているところもありますので、もし体験利用があるのであれば是非利用してみることをお勧めします。

 

入居の手続きとしては、まず申し込みをします。そうすると入居前の面談があります。ここでサ高住で済むことが出来るのか判断されます。

 

例えば、サ高住で自立が多い施設では要介護者はなかなか受け入れは難しですし、反対に重度のところでは自立の方の受け入れは難しい場合があります。

 

その他としては収入証明を見られることもありますし、健康診断書で体のどんな部分が悪いのかみられることもあります。

 

注意したいこととしては、身元引受人(連帯保証人)が必ず必要だということです。これがないと入居自体出来ない可能性もあります。

 

しかし、施設によっては後見人を設定することで入居可能としているところもありますので、一度相談をしてみることをお勧めします。

 

入居の手続きが済めば、住所地の変更や郵便物の転送届などを入居までには済ましておきましょう。

 

サービス付き高齢者向け住宅の空き状況

  • 空いていて入りやすい

 

サ高住の空き状況は、特養や老健と比べても空いていますし、有料老人ホームよりも空いているといわれています。
その理由としては、最期まで看てくれないから入居できないという理由が最も多くあります。

 

サ高住のイメージとしては元気な方が入る施設だと思っている方が多いですので、介護状態になってしまったら退去をしないという不安がついています。

 

そのようなサ高住はあります。要介護3以上になれば退去をしなくてはいけない、一人でトイレに行けない場合は退去しなくてはいけないなどです。

 

しかし、重度対応型サ高住では要介護者はもちろん、寝たきりの方も対応可能ですし、場合によっては看取りを対応しているところもあるほどです。

 

現在の状況としては、サ高住は空いているが場所によっては満室のところもあるということになります。

 

お住まいの地域にあるサービス付き高齢者向け住宅を調べる方法

サ高住に興味が出てきた場合はどのような方法で探すのが良いのでしょうか。

 

最もお手軽で情報量が多いのはインターネットでしょう。ネットで「サ高住 〇〇(住んでいる地域)」で検索をすれば何件かヒットします。しかし、ネットを使うことが難しい方もいるはずです。

 

そんな時は、地域包括支援センターや居宅介護支援事業で聞いてみると良いでしょう。
ケアマネジャーであればサ高住の情報を知っていることが多いですし、場合によっては紹介をしてくれることもあります。

 

サービス付き高齢者向け住宅に入れない場合はどうすればいい?

なんらかの理由でサ高住を断られた場合はどのようにしていけば良いのでしょうか。ここではケース別に紹介していきます。

 

重介護のため断られた場合

寝たきりや車いすなどで断られてしまった場合は、特養に申し込みを入れるようにしましょう。

 

要介護3以上が必要ですが、特養であれば重度の方の対応をしてくれます。

 

もし医療的な処置があるのであれば老健に申し込みをして医療的な処置が落ち着けば再度特養に申し込みをすることをお勧めします。

 

・料金が高い場合

サ高住は意外と料金が高くなってしまう傾向があります。

 

そんな時は軽費老人ホーム、いわゆるケアハウスに入居することをお勧めします。

 

形態としてはサ高住とそこまで変わりませんし、料金が安い場合があります。

 

認知症のため断られてしまった場合

サ高住は集団生活であり、自立した方が多いですので認知症は断れてしまう可能性が高いです。

 

そのため、認知症で断れてしまった場合は、グループホームなどの認知症対応型のところに入居することをお勧めします。

 

グループホームであれば認知症の方も多いですし、職員の認知症の対応に慣れているのでおすすめであるといえます。

 

サ高住は介護施設の中でも特殊な部類に入りますので、もし断られたら断れた理由でも入居可能なところを探すようにしましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

老人ホーム選びの情報収集におすすめ!

老人ホームの情報収集には以下のサイトを利用するのがおすすめです。
気になる施設があった場合には、その施設の資料を入手してじっくり比較検討してみるのが良いでしょう。
複数の施設の資料を一括請求できるのでとても便利です。資料請求は『無料』です。


シニアの安心相談室 老人ホーム案内

シニアの安心相談室 老人ホーム案内

全国で2,800以上の有料老人ホームの【資料請求】【空室確認】【見学予約】をすることができます。
もちろん、すべて無料で利用できます。

『シニアの安心相談室 老人ホーム案内』の良いところは、電話でも相談できる点です。
「私の条件の場合は、どのような施設を選べば良いのかわからない」という場合は、気になる事を一つ一つ相談してみましょう。
有料老人ホーム選びに必要な知識と経験を有するベテランの女性相談員さんが、どのようなタイプの施設・サービスが必要なのかアドバイスしてくれます。
通話料も相談料も無料です。

通話料無料 0120-250-096
相談受付時間:【平日】9時〜20時 【土日祝】9時〜18時 



有料老人ホームの検索とネットからの【資料請求】と【見学予約】は公式サイトをご利用下さい。



探しっくす

探しっくす

全国約2,000件以上の有料老人ホーム・高齢者住宅を検索し、資料請求ができるサイト。
見やすくてわかりやすいサイトなので、おすすめしています。

介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



LIFULL介護

LIFULL介護

全国約32,000件以上の有料老人ホーム・介護施設情報を検索できるサイト。

物件数はが断トツに多いので、上記2サイトであなたがお探しの地域の施設数が少ない場合は、LIFULL介護で探してみて下さい。

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



【サ高住】サービス付き高齢者向け住宅関連ページ

老人ホームにはどんな種類があるの?
介護保険施設
介護保険施設は3種類あります。介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム・特養)、介護老人保健施設(老健)、介護療養型医療施設(療養病床)の3つです。これらは介護保険の施設サービスとして利用できる施設です。それぞれの施設の概要と特徴を詳しく解説します。
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設
介護療養型医療施設
養護老人ホーム
養護老人ホームはどんな人を対象にしたどのような役割の施設なのか、施設の役割や特徴、費用などについて詳しく解説します。
軽費老人ホーム
軽費老人ホームA型
軽費老人ホームB型
軽費老人ホーム ケアハウス
グループホーム
グループホームについて、施設の特徴や入居基準、費用、提供されるサービス、施設の探し方などについて詳しく解説します。
有料老人ホーム
介護付有料老人ホーム
介護付き有料老人ホームについて、施設の特徴や入居基準、費用、提供されるサービス、施設の探し方などについて詳しく解説します。
健康型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
シニア向け分譲マンション