軽費老人ホームB型とは

軽費老人ホームのB型は、60歳以上の者であって、家庭環境、住宅事情により居室において生活するのが困難な人が入居できます。

 

入浴、健康管理等のサービスが提供されますが、食事は自炊です。

 

入所の条件は、次の通りです。

 

  • 家庭の事情、住宅事情等で家族との同居が困難、または現在の住居において生 活することが困難な方
  • 60歳以上の方、夫婦の場合はどちらかが60歳以上の方
  • 自炊できる程度の健康状態の方

 

つまり、利用料は負担できても、比較的低所得で、家庭環境、住宅事情等の理由により居宅で生活することか困難な人を対象とする施設です。
B型はA型の要件を満たし、かつ、健康で自炊のできる方が対象です。
軽費老人ホームB型の場合、通常は利用者が自炊して生活するというのが特徴です。

 

介護保険では居宅とみなされますので、要介護認定を受けている方は、訪問介護やデイサービスなどの居宅介護保険サービスを利用できます。

 

また、施設によって、利用料は異なります。
例えば、生活費や光熱費などは自己負担で月額5000円からという施設もありますし、冬場や夏場には暖房料や冷房料という加算料金がある場合もあります。

 

申し込みは、各施設に直接申し込をするか、各市町村に申し込みを行う場合もあります。
まずは、施設に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

老人ホーム選びの情報収集におすすめ!

老人ホームの情報収集には以下のサイトを利用するのがおすすめです。
気になる施設があった場合には、その施設の資料を入手してじっくり比較検討してみるのが良いでしょう。
複数の施設の資料を一括請求できるのでとても便利です。資料請求は『無料』です。


シニアの安心相談室 老人ホーム案内

シニアの安心相談室 老人ホーム案内

全国で2,800以上の有料老人ホームの【資料請求】【空室確認】【見学予約】をすることができます。
もちろん、すべて無料で利用できます。

『シニアの安心相談室 老人ホーム案内』の良いところは、電話でも相談できる点です。
「私の条件の場合は、どのような施設を選べば良いのかわからない」という場合は、気になる事を一つ一つ相談してみましょう。
有料老人ホーム選びに必要な知識と経験を有するベテランの女性相談員さんが、どのようなタイプの施設・サービスが必要なのかアドバイスしてくれます。
通話料も相談料も無料です。

通話料無料 0120-250-096
相談受付時間:【平日】9時〜20時 【土日祝】9時〜18時 



有料老人ホームの検索とネットからの【資料請求】と【見学予約】は公式サイトをご利用下さい。



探しっくす

探しっくす

全国約2,000件以上の有料老人ホーム・高齢者住宅を検索し、資料請求ができるサイト。
見やすくてわかりやすいサイトなので、おすすめしています。

介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



LIFULL介護

LIFULL介護

全国約32,000件以上の有料老人ホーム・介護施設情報を検索できるサイト。

物件数はが断トツに多いので、上記2サイトであなたがお探しの地域の施設数が少ない場合は、LIFULL介護で探してみて下さい。

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



軽費老人ホームB型関連ページ

老人ホームにはどんな種類があるの?
介護保険施設
介護保険施設は3種類あります。介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム・特養)、介護老人保健施設(老健)、介護療養型医療施設(療養病床)の3つです。これらは介護保険の施設サービスとして利用できる施設です。それぞれの施設の概要と特徴を詳しく解説します。
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設
介護療養型医療施設
養護老人ホーム
養護老人ホームはどんな人を対象にしたどのような役割の施設なのか、施設の役割や特徴、費用などについて詳しく解説します。
軽費老人ホーム
軽費老人ホームA型
軽費老人ホーム ケアハウス
グループホーム
グループホームについて、施設の特徴や入居基準、費用、提供されるサービス、施設の探し方などについて詳しく解説します。
有料老人ホーム
介護付有料老人ホーム
介護付き有料老人ホームについて、施設の特徴や入居基準、費用、提供されるサービス、施設の探し方などについて詳しく解説します。
健康型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
【サ高住】サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について、施設の特徴や入居で基準、受けられるサービスや費用、探し方や申し込みの手順などを詳しく解説します。サ高住に入れない場合の選択肢もご紹介します。
シニア向け分譲マンション