グループホームとは

 

認知症高齢者向けの施設として多くの方が利用しているグループホーム。グループホームは全国に1万件以上あります。

 

認知症ケアに特化した施設であり、入居者全員が認知症であることが基本となっています。

 

認知症になると入居を検討する方が多いグループホームですが、どのような施設なのか実態について詳しく知っている方はあまり多くないのではないでしょうか?

 

グループホームはどのような施設か詳しく解説します。

 

■グループホームをお探しの方へ
お住まいの地域のグループホームを探したい方は、シニアの安心相談室 老人ホーム案内」や「LIFULL介護」などのサービスのご利用をおすすめします。

 

施設毎の情報を入手できることはもちろん、施設の資料請求をまとめてすることができる便利なサービスです。無料で利用できます。

 

シニアの安心相談室 老人ホーム案内でグループホームを探す

LIFULL介護でグループホームを探す

 

グループホームはどんな施設?

  • 認知症の高齢者のための共同生活住居
  • 介護保険の地域密着型サービス「認知症対応型共同生活介護」

 

グループホームは、認知症の方を対象に、共同生活をしながら認知症の症状緩和を目指す施設です。

 

正確には、介護保険で提供される介護サービスの一つ、地域密着型サービス「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」という名称のサービスです。

 

グループホームは、認知症の高齢者が、少人数(5〜9人)でより家庭に近い雰囲気の中で介護や支援を受けながら、可能な範囲で食事の支度や掃除、洗濯などの家事を行い、自宅に近い状況で生活を送ることができる施設です。

 

認知症の利用者の方が、家庭と同じように生活できる場であり、それを支えるための介護支援を受けることができるきるのが特徴です。

 

具体的には、認知症の方が生活しやすい環境を整え、生活リハビリすなわち、食事・掃除などの日常生活で行っている動作を積極的に行い、個人の生活を尊重し、自立した生活を送りながら、認知症の進行が緩和すること目的としています。
その為、グループホームでの介護支援は、認知症の方が混乱せずに普通の生活ができることを最優先しています。

 

尚、認知症の方を専門に受け入れる施設なので、認知症ではない高齢者は入居できません。

 

グループホームがどんな役割なのかを理解する上では、「なるほど、そういう施設なんだ。」とご理解頂いて問題ありませんが、「施設」という単語についてはちょっと注意が必要です。

 

グループホームは施設であって施設でない?

グループホームは、介護保険上は「施設」ではありません。グループホームは介護保険上は「事業所」となります。

 

ちょっと混乱しそうですよね・・・。順序立てて整理してみましょう。

 

まず、介護保険上でいう「施設」は、「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」の3つだけです。
そして、この3つを介護保険施設といいます。

 

なので、先ほどご説明した通り、グループホームは介護保険上は「施設」ではなく「事業所」となります。

 

なぜこのように分かれているのか?介護保険サービスの種類に目を向けると理解しやすくなると思います。

 

介護保険サービスは大きく分けて4種類のサービスに分かれています。

 

  1. 居宅サービス
  2. 施設サービス
  3. 地域密着型サービス
  4. その他

 

この中で、「施設サービス」と「地域密着型サービス」に注目してみましょう。

 

介護保険上の「施設」で行われる介護保険サービスが「施設サービス」。そして、グループホームは「地域密着型サービス」です。サービスの分類が違うんですね。

 

まとめてみるとこんな感じです。

  グループホーム 介護保険施設
介護保険サービス 地域密着型サービス 施設サービス
施設の分類 事業所 施設
役割 高齢者が共同生活する「家(住居)」 施設サービスが受けられる「施設」

 

グループホームというのは、「共同で生活する家(住居)」です。「家(住居)」なので、自宅から移り住むことが前提になっています。

 

介護保険の制度的には、認知症の方が共同で生活を送るための家(住居)なのです。(介護保険上は施設ではないという意味です。)

 

つまり、グループホームとは、自宅からグループホームに移り住んで利用する、認知症対応型共同生活介護という地域密着型サービスということです。

 

なんでこのような分け方するんでしょうね。正直わかりにくいですよね。

 

最初にご紹介した通り、どんな施設か?ということを理解したい場合には、「認知症の方を対象に、共同生活をしながら認知症の症状緩和を目指す施設です。」という理解で大丈夫です。

 

このページでもグループホームを施設という単語を使って解説していきます。

 

グループホームが少人数で共同生活施設である理由

グループホームは、施設といっても規模的に小さいところがほとんどであり、最大でも27床となっています。現在では18床以上の施設の設置は認められていません。

 

グループホームは少人数制で共同生活をするということが決められています。最大でも9名しか共同で生活をすることが出来ません。
また、運営に問題が無ければ9名のユニットを1として、それを2つまで広げることが出来ます(1ユニット9名×2ユニット=18名)。

 

なぜグループホームが作られたかというと、認知症の対応の難しさが挙げられます。

 

特別養護老人ホーム(特養)では、認知症高齢者以外にも、身体機能が低下して要介護状態になった方がいます。そういった方は認知機能は正常です。
しかし、認知症の方と一緒に生活をするのは、精神的な負担が大きいことがあります。

 

さらに、認知症の方に対するケアに時間がかかってしまいますので、どうしても認知症以外の方を優先に介護をしてしまうことも問題になりました。

 

認知症の方と認知症でない高齢者を一緒に生活してもらうのは、介護される側と介護する側のお互いにとってデメリットばかりなのです。

 

認知症は、認知症の人で集まって生活をする方が、対応する職員も入所している高齢者も安定します。

 

また、認知症の方は環境が整っていないと症状が進んでしまう傾向があります。介護施設のように施設と呼ばれる住居では混乱をしてしまうことがあります。

 

そのため、グループホームは通常の自宅を改修したところもありますし、一見して施設のように見えないところもあります。

 

認知症の方が快適に過ごせれる場所がグループホームであるといえます。

 

設置者・運営者

民間の営利法人(株式会社・医療法人など)

 

グループホームにはどんな人が入れるの?

  • 認知症の方
  • 65歳以上(原則)
  • 要支援2〜要介護5
  • 施設と同じ市区町村に住民票がある

 

グループホームには上記の入居基準があります。要介護認定を受けている高齢者だからといって誰でも入居できるわけではありません。

 

認知症の診断を受けている方が対象

認知症というのが最低条件となっています。要介護認定でいうと要支援2〜要介護5の方が対象となっています。

 

しかし、いくら要介護5でも認知症でない場合は、入居することが出来ませんし、要支援2でも認知症であれば体は健全でも入居することが出来ます。

 

尚、要支援1の方は、入所できませんが、認定を受けた状態に変化(認知症が進行した、身体機能が低下した等)があった場合は、認定の有効期間の途中でも、要介護度区分の変更申請をすることが出来ますので、そのような場合には在住市町村の窓口へ申請してください。

 

よくある認知所の指標としては、認知症高齢者の日常生活自立度というものが用いられます。
これは、認知症の度合いを示すものであり、自立・T・Ua・Ub・Va・Vb・W・Mの8段階に分かれます。

 

施設によっても違いますが、Ua(見守りがあれば自立している)から入居ができると考えておきましょう。
これは、医師が判断するものですので、認知症と診断してくれた医師に決めてもらうことをお勧めします。

 

施設と同じ市区町村に住民票があることが条件となる理由

また、グループホームは介護保険で定められた「地域密着型サービス」の施設です。その為、原則として施設のある市町村に3ヶ月以上在住されている方が対象となります。
つまり、施設と同じ市町村に住民票がある方しか入居できないシステムとなっています。

 

例えば、東京都の方なら東京都のグループホームにしか入居することが出来ません。もし自分が入居したいと思って、そのグループホームが違う市にあれば基本的には入居することが出来ません。

 

ただし、市町村によっては、2親等以内の親族がに3ヶ月以上在住していれば入所できる場合もありますので、施設もしくは施設所在の市町村窓口へ相談してください。

 

しかし、これは基本的な考え方であり、特別な事情がある場合は、市町村の許可を得て違う場所の施設に入居することが出来ます。
特別な事情としては、息子が県外に住んでいるので息子のいる場所のグループホーム、夫から虐待を受けたので夫と離れたグループホームなどが特別な事情の例です。

 

医療対応が必要な場合は入れない可能性が高い

注意したいこととしては、グループホームは看護師の設置義務がありません。そのため、医療的な処置が必要な場合は、基本的には入所を断られる可能性が高いです。

 

例えば、痰の吸引や水分や栄養をチューブで胃に入れる胃ろう、鼻などから流動食を投与する経管栄養、床ずれ、尿管カテーテル、酸素吸入といった医療措置が必要な方は入所を断られる場合もあります。

 

ただ、グループホームによりますが、項目によっては医療受け入れが可能なとこともあります。
「医療連携体制加算」という制度を利用して、直接訪問看護ステーション等と契約しているグループホームでは、看護師の定期訪問時に介護職員が行ってはならないとされる医療行為を主治医の連携の下に行っています。
また、24時間365日看護師と連絡可能な体制がある他、緊急時の訪問対応、看護師による健康管理も行っています。

 

つまり、訪問看護ステーション等と契約しているグループホームであれば、医療対応の種類によっては入居できる可能性がありますので、グループホームを探す際には、医療対応が可能かどうか施設に相談・確認しましょう。

 

グループホームではどういうサービスが受けられるの?

  • 入浴・食事等の介護や支援
  • 機能訓練

 

グループホームは特養と同じような入浴介助や食事介助や排せつ介助を受けることが出来ますが、認知症ケアに特化したケアがグループホームの最大の特徴であるといえます。

 

グループホーム独自のケアとはどのようなものがあるのでしょうか。

 

あるグループホームでは認知症の方の残存機能を生かして、出来ることは自分でやってもらう取り組みをしています。
認知症の方は記憶障害があったとしてもまだまだ体の元気な方が多いのです。その方の身体機能を生かして様々なことに取り組んでいただきます。

 

例えば、食事の際は、調理から入居者に参加してもらいます。
女性の場合は自宅で料理をしたことがある方が大半ですので、包丁などを使って調理をしてもらいます。洗濯や掃除などの家事もしてもらいます。

 

通常の施設であればこのような作業は職員が行うのが基本的ですが、グループホームでは認知症高齢者自らが実施します。

 

出来ることをしてもらうことによって社会的に必要とされているように感じますし、身体機能も維持することができます。様々な取り組みをすることによって、脳に刺激がありますので、認知症の進行を止めることもできます。

 

男性の入居者であれば日曜大工をしてもらったり、庭いじり、畑での栽培などを担当してもらいます。
最初はできないという方もいるようですが、継続をしてもらうことによって徐々にできるようなり、それが日課となり心の充実を図ることが出来ます。

 

認知症が進まないように、認知症でも出来ることはしてもらうことが、認知症ケアに特化したグループホームのサービスの特徴であるといえます。

 

グループホームはいつまで入所できるの?

  • 入所の期限は原則ありません。

 

入所の期限はありませんが、入所中に状態が変わって医療措置が必要となった場、集団生活が難しい場合、介護保険の利用上の該当区分から外れてしまった場合などは退去することになります。
さらに、病気などで医療機関への入院が長期におよんだ場合も、退去ということになります。

 

グループホームの費用はどれぐらいかかる?

  • 初期費用:0〜数百万円
  • 月額費用:約10万円〜20万円(目安)

 

グループホームの費用はどれぐらいになるのでしょうか。

 

まず、入居する為の費用が必要になります。有料老人ホームのように入居一時金という扱いと敷金という扱いがあります。

 

入居一時金は20万円前後が多く、敷金の場合は3か月分前後、約20万円前後をを設定していることが多いです。高くても100万円までには収まると考えておいて良いでしょう。

 

家賃は場所にもよりますが、6万円から8万円ほど、安いところでは4万円ほどになります。残りは食費や管理費、共益費、介護保険の1割分(2割)がかかってきます。合計をしておおおよそ20万円前後かかります。

 

これは特養や老健などに比べると高い額です。しかし、認知症の方が安心して暮らせれるのであれば多少高くでも入居すると決意する方が多いといえます。

 

また、所得が低い方には助成金があります。非課税世帯であれば月に1万円を上限として家賃に対しての補助が出ますので、自治体などで確認をしましょう。

 

介護保険分としては、要支援2〜要介護5までほとんど差がないというのが特徴的です。そのため要支援2であれば割高であり、要介護度が高い状態の方がお得に入居できる特徴があります。
金額としては要支援2であれば22000円程、要介護5であれば25000円ほどになります。

 

グループホームの入所手続き&申し込み方法

  • 入所したい施設に直接申し込みの手続きをします

 

グループホームに入居する為にはどのような手続きを踏まなければならないのでしょうか。

 

一般的な流れとしては、見学をして、その施設に入居申し込みをします。施設と本人との面談があり受け入れに問題が無ければ入居となります。

 

見学をする際は、家族だけではなく必ず本人も連れていくようにしましょう。
認知症の方はその環境に合う、合わないがありますので、もし見学をして重度の混乱が起きてしまう場合は違う施設を検討してみても良いかもしれません。

 

また、入居をする際は認知症であるかどうか医学的な見解が必要になります。そのため、医師からの診断書を用意しておきましょう。
総合病院などでは、診察に予約が必要だったり結果まで待つことがありますので早めに行動をしておくことをお勧めします。

 

また、入居日当日は家族が付いていくのかどうか迷われる方もいますが、最初は出来るだけ施設の方に任せておいた方が良い傾向があります。
最初はどうしても不安に感じるので家族もついていきたくなりますが、認知症の場合はどのような行動をとるのか予測が出来ません。

 

もしかすると施設についた途端「私を捨てるのか!?」と大混乱になるかもしれません。そのため、プロの職員に任しておいた方が無難であるといえるでしょう。

 

グループホームの空き状況

  • 人気の施設以外は空きがある

 

グループホームは近年利用者が少ないのが問題となっています。

 

その理由としては特養で認知症ケアに力を入れているところも多いですし、特養と比べるとどうしても割高感があるのが理由となっています。

 

しかし、地域でも有名なグループホームや人気のあるグループホームでは空き状況が少ないので注意しておきましょう。

 

基本的にはグループホームは空きが多い施設であるといえます。

 

お住まいの地域にあるグループホームを調べる方法

グループホームに入居したいと考えた場合はどう調べれば良いのでしょうか。

 

グループホームは地域密着型の施設です。そのため、役所などの介護保険課で聞いてみる方法があります。
ただ、役所の立場上、どこにどんな施設があるかどうか教えてはくれますが、「ここのグループホームは良いですよ」という情報は教えてもらえません。

 

ネットで調べるのが最も早くて簡単です。民間の会社が運営しているグループホームでは、自身のホームページを持っている場合があります。

 

ただ、検索してグループホームを一つづつ調べていくのは大変です。

 

そこでおすすめなのが、シニアの安心相談室 老人ホーム案内」や「LIFULL介護」などのサービスを利用する方法です。

 

様々なグループホームの情報が見やすく表示されているのでわかりやすいですし、施設同士の比較もしやすいです。また、気になった複数の施設の資料請求まとめてできます。しかも無料です。

 

もし迷ってしまったり、グループホーム選びで困ったことがあった場合は、「シニアの安心相談室 老人ホーム案内」の電話相談やメール相談がおすすめです。

 

「シニアの安心相談室 老人ホーム案内」の電話相談やメール相談すれば、ベテランの相談員さんが、あなたの現状や希望などをヒアリングして、条件に合った施設選びを手伝ってくれます。

 

無料で利用できるサービスですが、しつこい勧誘などはないので安心して利用できます。今まで10年間で5万件以上の相談実績があるので、いかに多くの方が利用しているのかわかりますよね。

 

シニアの安心相談室のサイトはこちら

 

また、ケアマネジャーに相談するのも一つの方法です。ただ、特養や老健などの情報を知っている場合がありますが、グループホームの情報に詳しいケアマネジャーは少ないといえます。

 

グループホームに入れない場合はどうすればいい?

認知症で困ってグループホームを探したが見つからない、入居できない場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

グループホームの代替えになるのは、ユニット型特養の認知症フロアです。空き状況は少ない場合がありますが、ここではグループホーム並みの認知症ケアを受けれる場合がります。

 

また、介護付き有料老人ホームでも認知症ケアに力を入れているところもありますので、代替えにはなるといえるでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

老人ホーム選びの情報収集におすすめ!

老人ホームの情報収集には以下のサイトを利用するのがおすすめです。
気になる施設があった場合には、その施設の資料を入手してじっくり比較検討してみるのが良いでしょう。
複数の施設の資料を一括請求できるのでとても便利です。資料請求は『無料』です。


シニアの安心相談室 老人ホーム案内

シニアの安心相談室 老人ホーム案内

全国で2,800以上の有料老人ホームの【資料請求】【空室確認】【見学予約】をすることができます。
もちろん、すべて無料で利用できます。

『シニアの安心相談室 老人ホーム案内』の良いところは、電話でも相談できる点です。
「私の条件の場合は、どのような施設を選べば良いのかわからない」という場合は、気になる事を一つ一つ相談してみましょう。
有料老人ホーム選びに必要な知識と経験を有するベテランの女性相談員さんが、どのようなタイプの施設・サービスが必要なのかアドバイスしてくれます。
通話料も相談料も無料です。

通話料無料 0120-250-096
相談受付時間:【平日】9時〜20時 【土日祝】9時〜18時 



有料老人ホームの検索とネットからの【資料請求】と【見学予約】は公式サイトをご利用下さい。



探しっくす

探しっくす

全国約2,000件以上の有料老人ホーム・高齢者住宅を検索し、資料請求ができるサイト。
見やすくてわかりやすいサイトなので、おすすめしています。

介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



LIFULL介護

LIFULL介護

全国約32,000件以上の有料老人ホーム・介護施設情報を検索できるサイト。

物件数はが断トツに多いので、上記2サイトであなたがお探しの地域の施設数が少ない場合は、LIFULL介護で探してみて下さい。

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



グループホーム関連ページ

老人ホームにはどんな種類があるの?
介護保険施設
介護保険施設は3種類あります。介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム・特養)、介護老人保健施設(老健)、介護療養型医療施設(療養病床)の3つです。これらは介護保険の施設サービスとして利用できる施設です。それぞれの施設の概要と特徴を詳しく解説します。
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設
介護療養型医療施設
養護老人ホーム
養護老人ホームはどんな人を対象にしたどのような役割の施設なのか、施設の役割や特徴、費用などについて詳しく解説します。
軽費老人ホーム
軽費老人ホームA型
軽費老人ホームB型
軽費老人ホーム ケアハウス
有料老人ホーム
介護付有料老人ホーム
介護付き有料老人ホームについて、施設の特徴や入居基準、費用、提供されるサービス、施設の探し方などについて詳しく解説します。
健康型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
【サ高住】サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について、施設の特徴や入居で基準、受けられるサービスや費用、探し方や申し込みの手順などを詳しく解説します。サ高住に入れない場合の選択肢もご紹介します。
シニア向け分譲マンション