老人ホームの種類と特徴

老人ホームといっても、その種類は様々です。
それぞれの老人ホームについて、特徴を詳しくご紹介します。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

老人ホームの種類記事一覧

老人ホームには、リハビリや認知症介護などを目的とした施設や、必要な介護の程度によって利用できる施設が何種類かあります。老人保健施設リハビリに重点をおいた介護を目的とした施設として「老人保健施設」があります。ここでは、医学的な管理のもとで介護や看護・リハビリを受けられますが、リハビリを目的としているため、ほとんどの場合入所期間が3か月となっています。病院で治療を終え自宅に戻るための準備や、他の施設へ...

介護保険施設には、どのような介護サービスが必要かによって「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」の3タイプに分かれます。この中から入所する施設を選び、直接申し込んで契約を結びます。 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」は、生活介護が中心の施設で、「介護老人保健施設」は介護やリハビリが中心の施設、「介護療養型医療...

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)について、どんな人が入れて、どういうサービスを受けることができて、費用はどれぐらいかかるのかなどを詳しくご説明します。介護老人福祉施設は特別養護老人ホームとよばれることが多いので、こちらの名前を目にしたり聞いたことがある人の方が多いかもしれませんね。略して、「とくよう(特養)」なんて言われたりもします。一般的に、老人ホームを探す状況になった場合、一番最初に特別...

介護老人保健施設(老健)について、どんな人が入れて、どういうサービスを受けることができて、費用はどれぐらいかかるのかなどを詳しくご説明します。介護老人保健施設は、略して「ろうけん(老健)」といわれています。ケアマネジャーさんとかが時々言う「ろうけん」というのはこの施設のことです。介護老人保健施設は、介護が必要な高齢者が医療、看護、介護、リハビリを受けながら、在宅復帰(自宅で介護を受けながら生活)で...

介護療養型医療施設について、どんな人が入れて、どういうサービスを受けることができて、費用はどれぐらいかかるのかなどを詳しくご説明します。介護療養型医療施設は、慢性疾患があって自宅での療養生活が難しい高齢者が、医療と介護の両方のサービスを受けることができる長期療養施設です。介護保険3施設の中では、特に医療や看護に重点をおいた施設で、特別養護老人ホーム(特養)や介護老人保健施設(老健)よりも、寝たきり...

養護老人ホームは、環境上の理由及び経済的理由により自宅で生活する事が困難な高齢者が入所する施設です。特別養護老人ホームとは違って、介護保険施設ではなく、施設への入所は市町村の措置により行われます。環境上の理由とは、心身に障害があって日常生活を送ることが困難であり、かつ世話をしてくれる人がいない場合、家族との同居が続けられずに本人に影響がある場合、住むところがないか、あっても環境が非常に悪い場合など...

軽費老人ホームは、60歳以上(夫婦の場合は、どちらか一方が60歳以上)で、身の回りのことは自分で対処することができるが、身体機能の低下等により自立した日常生活を営むことに不安があり、身寄りのない人または、家庭の事情等によって家族との同居が困難な方が入所する施設です。また、利用者の生活費に充てることのできる資産・所得・仕送り等の合算が、施設利用料の2倍程度(35万円)以下の額であることが条件となって...

軽費老人ホームのA型の場合、身寄りがない、また、ご家族がいても何らかの事情で同居できない高齢者に対して、低額で食事の提供や入浴の準備、日常生活に必要なの便宜の供与などを行う施設です。例えば、「身寄りがなく一人暮らしをしなければならない。介護を受ける程でもないが一人での生活には不安がある」「夫婦二人とも高齢になり、身体能力の低下によって自立した生活を営むことに不安がある」というような高齢の方が健康で...

軽費老人ホームのB型は、60歳以上の者であって、家庭環境、住宅事情により居室において生活するのが困難な人が入居できます。 入浴、健康管理等のサービスが提供されますが、食事は自炊です。入所の条件は、次の通りです。家庭の事情、住宅事情等で家族との同居が困難、または現在の住居において生 活することが困難な方60歳以上の方、夫婦の場合はどちらかが60歳以上の方自炊できる程度の健康状態の方つまり、利用料は負...

ケアハウスは、社会福祉法に定められた福祉施設である軽費老人ホームの1つで、「A型」「B型」「C型」のうち、軽費老人ホームのC型がケアハウスと呼ばれています。対象は、自炊ができない程度の身体的な機能の低下がある方、または独立した生活を送ることに不安があり、かつ、家庭環境や住宅事情等により居宅での生活が困難な、60歳以上の方となります。                   全室個室であり、ケアハウスの...

グループホームは、認知症の高齢者が、少人数(5〜9人)でより家庭に近い雰囲気の中で介護や支援を受けながら、可能な範囲で食事の支度や掃除、洗濯などの家事を行い、自宅に近い状況で生活を送ることができる施設です。認知症対応型共同生活介護として、地域密着型サービスに位置づけられています。グループホームは利用者の方が家庭と同じように生活できる場であり、それを支えるための介護支援を受けることができるきるのが特...

有料老人ホームは、65歳以上の高齢者が食事の介助や入浴介助などの日常生活の介護サービスや、食事の提供や居室の掃除などの生活介護サービスを受けることのできる民間経営の高齢者施設です。有料老人ホームは、入施設が提供するサービス内容や居者の健康状態により、介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームの3タイプに分かれます。介護付き有料老人ホーム介護付き有料老人ホームは、介護が必要な...

介護付き有料老人ホームは、有料老人ホームの3タイプのなかの1つで、各都道府県から介護保険の「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームのことをいいます。特定施設入居者生活介護とは、特定施設(有料老人ホーム、ケアハウス、サービス付き高齢者向け住宅など)に入居している要介護者に対して、介護サービス計画に基き、入浴・排泄・食事等の介護、その他の日常生活上ならびに療養上のお世話、機能訓練をするこ...

健康型有料老人ホームは、介護の必要がない、自立して生活のできる健康な高齢者のための施設です。食事の支度など家事が面倒、一人暮らしに不安を感じる、同世代の方々と楽しい時間を過ごしたい方と考えている方の利用が多く、一般的なマンションのように居室内に浴室やキッチンなども完備されています。また、元気な方が、日々の生活を充実して過ごせるための設備などが充実している施設が多くあります。食事のサービスなどは利用...

住宅型有料老人ホームは、施設に介護スタッフが常駐していないため、介護が必要な場合は、入居しながら訪問介護サービスなど外部の介護サービスを利用することのできる有料老人ホームです。施設内で受けることのできるサービスは、基本的に食事のサービスと緊急時の対応などの日常生活の支援だけとなります。介護付きと住宅型との違いは、常駐の施設のスタッフによる介護サービスか、外部の介護サービスを利用するかという点です。...

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは、高齢者が安心して生活できる賃貸住宅で、住居として一定の広さや設備があり、バリアフリーであること、ケアの専門家による安否確認や生活相談サービスを提供することが義務付けられています。サ高住は、国土交通省・厚生労働省が所轄する「高齢者住まい法」の改正により平成23年10月から登録がスタートし、登録は、都道府県等が行い事業所への指導・監督を行います。サ高住は福祉施...