老人ホームの種類と特徴

老人ホームといっても、その種類は様々です。
それぞれの老人ホームについて、特徴を詳しくご紹介します。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

老人ホームの種類記事一覧

老人ホーム、いわゆる高齢者が入れる住まいや介護施設にはどのような種類があるのかご説明いたします。介護保険法という法律の関係があり、色々な種類があって正直分かりにくいです。しかし、各施設の種類や概要などをしっかり理解しておかないと、両親や自分に合った施設はどこなのかなどの判断ができません。各老人ホーム、介護施設の違いをきちんと理解しておきましょう。介護保険施設と介護保険施設以外の施設がありますまず、...

介護保険施設という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、具体的にどんな施設が介護保険施設になるのかを知っている方は少ないのではないでしょうか?介護保険施設とはその名の通り介護保険制度上の施設になります。介護保険サービスの「施設サービス」として利用できる施設です。そして、その種類は3つあり、それぞれに役割が異なります。ここでは、介護保険施設についての概要や、サービス内容の説明、違いなどについてご紹...

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)について、どんな人が入れて、どういうサービスを受けることができて、費用はどれぐらいかかるのかなどを詳しくご説明します。介護老人福祉施設は特別養護老人ホームとよばれることが多いので、こちらの名前を目にしたり聞いたことがある人の方が多いかもしれませんね。略して、「とくよう(特養)」なんて言われたりもします。一般的に、老人ホームを探す状況になった場合、一番最初に特別...

介護老人保健施設(老健)について、どんな人が入れて、どういうサービスを受けることができて、費用はどれぐらいかかるのかなどを詳しくご説明します。介護老人保健施設は、略して「ろうけん(老健)」といわれています。ケアマネジャーさんとかが時々言う「ろうけん」というのはこの施設のことです。介護老人保健施設は、介護が必要な高齢者が医療、看護、介護、リハビリを受けながら、在宅復帰(自宅で介護を受けながら生活)で...

介護療養型医療施設について、どんな人が入れて、どういうサービスを受けることができて、費用はどれぐらいかかるのかなどを詳しくご説明します。介護療養型医療施設は、慢性疾患があって自宅での療養生活が難しい高齢者が、医療と介護の両方のサービスを受けることができる長期療養施設です。介護保険3施設の中では、特に医療や看護に重点をおいた施設で、特別養護老人ホーム(特養)や介護老人保健施設(老健)よりも、寝たきり...

特別養護老人ホームは知られていますが、養護老人ホームについて知っている方はあまり多くないのではないでしょうか?養護老人ホームは、その名の通り老人(高齢者)を養護するための施設になりますが、次のような役割と特徴をもった施設です。養護老人ホームは、環境上の理由及び経済的理由により、自宅で生活する事が困難な高齢者が入所する施設。養護老人ホームは、特別養護老人ホームとは違って介護保険施設ではない。養護老人...

軽費老人ホームは、60歳以上(夫婦の場合は、どちらか一方が60歳以上)で、身の回りのことは自分で対処することができるが、身体機能の低下等により自立した日常生活を営むことに不安があり、身寄りのない人または、家庭の事情等によって家族との同居が困難な方が入所する施設です。また、利用者の生活費に充てることのできる資産・所得・仕送り等の合算が、施設利用料の2倍程度(35万円)以下の額であることが条件となって...

軽費老人ホームのA型の場合、身寄りがない、また、ご家族がいても何らかの事情で同居できない高齢者に対して、低額で食事の提供や入浴の準備、日常生活に必要なの便宜の供与などを行う施設です。例えば、「身寄りがなく一人暮らしをしなければならない。介護を受ける程でもないが一人での生活には不安がある」「夫婦二人とも高齢になり、身体能力の低下によって自立した生活を営むことに不安がある」というような高齢の方が健康で...

軽費老人ホームのB型は、60歳以上の者であって、家庭環境、住宅事情により居室において生活するのが困難な人が入居できます。 入浴、健康管理等のサービスが提供されますが、食事は自炊です。入所の条件は、次の通りです。家庭の事情、住宅事情等で家族との同居が困難、または現在の住居において生 活することが困難な方60歳以上の方、夫婦の場合はどちらかが60歳以上の方自炊できる程度の健康状態の方つまり、利用料は負...

ケアハウスは、社会福祉法に定められた福祉施設である軽費老人ホームの1つで、「A型」「B型」「C型」のうち、軽費老人ホームのC型がケアハウスと呼ばれています。対象は、自炊ができない程度の身体的な機能の低下がある方、または独立した生活を送ることに不安があり、かつ、家庭環境や住宅事情等により居宅での生活が困難な、60歳以上の方となります。                   全室個室であり、ケアハウスの...

認知症高齢者向けの施設として多くの方が利用しているグループホーム。グループホームは全国に1万件以上あります。認知症ケアに特化した施設であり、入居者全員が認知症であることが基本となっています。認知症になると入居を検討する方が多いグループホームですが、どのような施設なのか実態について詳しく知っている方はあまり多くないのではないでしょうか?グループホームはどのような施設か詳しく解説します。目次グループホ...

有料老人ホームは、65歳以上の高齢者が食事の介助や入浴介助などの日常生活の介護サービスや、食事の提供や居室の掃除などの生活介護サービスを受けることのできる民間経営の高齢者施設です。有料老人ホームは、入施設が提供するサービス内容や居者の健康状態により、介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームの3タイプに分かれます。介護付き有料老人ホーム介護付き有料老人ホームは、介護が必要な...

介護施設には様々な種類がありますが、その中でも介護付き有料老人ホームは特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)に次ぐほどの施設の数がある施設です。介護付き有料老人ホームは、「費用が高すぎてとても入れない!」と思っている方が多いと思います。実際に入居時に数千万円かかるような施設もありますが、そうではない施設もあります。特別養護老人ホームになかなか入所できない現実がある以上、比較的費用が安...

健康型有料老人ホームは、介護の必要がない、自立して生活のできる健康な高齢者のための施設です。食事の支度など家事が面倒、一人暮らしに不安を感じる、同世代の方々と楽しい時間を過ごしたい方と考えている方の利用が多く、一般的なマンションのように居室内に浴室やキッチンなども完備されています。また、元気な方が、日々の生活を充実して過ごせるための設備などが充実している施設が多くあります。食事のサービスなどは利用...

住宅型有料老人ホームは、施設に介護スタッフが常駐していないため、介護が必要な場合は、入居しながら訪問介護サービスなど外部の介護サービスを利用することのできる有料老人ホームです。施設内で受けることのできるサービスは、基本的に食事のサービスと緊急時の対応などの日常生活の支援だけとなります。介護付きと住宅型との違いは、常駐の施設のスタッフによる介護サービスか、外部の介護サービスを利用するかという点です。...

サービス付き高齢者向け住宅は最近非常に数を伸ばしてきている施設です。「サ高住」と呼ばれます。そのため、非常に多くの高齢者が入居されており、そこで働く職員の数も年々増加してきています。サ高住とはいったいどのような施設なのでしょうか?ここではサ高住について詳しく解説をしていきます。目次サービス付き高齢者向け住宅はどんな施設?サービス付き高齢者向け住宅にはどんな人が入れるの?サービス付き高齢者向け住宅で...

高齢者を対象とした住む場所には様々な種類のところがありますが、そのほとんどは介護保険が適用されているところです。しかし、今回ご紹介するシニア向け分譲マンションは介護保険外の住居です。シニア向け分譲マンションとはどういったところなのか、サービス内容や費用など様々な観点からご紹介していきます。目次シニア向け分譲マンションはどんな施設?シニア向け分譲マンションにはどんな人が入れるの?シニア向け分譲マンシ...