有料老人ホームで介護保険は使えますか?

介護保険というのは、介護が必要になった場合に介護保険が使用できるように、満40歳以上になると被保険者になり、保険料を市区町村へ支払うようになります。
そして、要介護になった場合、各市区町村へ介護認定の申請をし、認定されれば介護保険を利用することができます。
介護保険では、介護サービスを上限額まで1割負担で利用できます。

 

有料老人ホームの場合、その施設によって介護をおこないますので、在宅介護となります。
有料老人ホームの中でも、行政が定める人員、設備等をクリアした特定施設入所者生活介護施設なら、介護保険の適用をうけて、老人ホームで暮らすことができます。
その介護度にもよりますが、ホームヘルパーが施設を訪問し、身体介助や家事援助など、日常生活が円滑におくれるようにサービスを行ってくれます。

 

介護保険の適用を受けることができれば、後から自己負担がきて、それが高額だったなんていうこともなくなるでしょう。
老人ホームへ入るということだけでも、かなりの高額費用がかかります。
最近では、各施設によって、高額となる入居一時金を減額し、月に支払う生活費的な部分を大きくして、入居者の金銭的不安を取り除こうという取り組みも行われています。

 

介護保険は5年に一度の改正が行われています。
これから先、必要に応じて改正があると思いますが、高齢化の進んだ日本において、有料老人ホームや各種保健施設、介護施設等に入居する際に、なるべく負担が少なくなるような介護保険制度になっていくことを願いたいですね。

 

私たちが老後になった場合、この介護保険の被保険者であって、本当に良かった・・・と思えるように、今後の介護について考えていきたいですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

老人ホーム選びの情報収集におすすめ!

老人ホームの情報収集には以下のサイトを利用するのがおすすめです。
気になる施設があった場合には、その施設の資料を入手してじっくり比較検討してみるのが良いでしょう。
複数の施設の資料を一括請求できるのでとても便利です。資料請求は『無料』です。


シニアの安心相談室 老人ホーム案内

シニアの安心相談室 老人ホーム案内

全国で2,800以上の有料老人ホームの【資料請求】【空室確認】【見学予約】をすることができます。
もちろん、すべて無料で利用できます。

『シニアの安心相談室 老人ホーム案内』の良いところは、電話でも相談できる点です。
「私の条件の場合は、どのような施設を選べば良いのかわからない」という場合は、気になる事を一つ一つ相談してみましょう。
有料老人ホーム選びに必要な知識と経験を有するベテランの女性相談員さんが、どのようなタイプの施設・サービスが必要なのかアドバイスしてくれます。
通話料も相談料も無料です。

通話料無料 0120-250-096
相談受付時間:【平日】9時〜20時 【土日祝】9時〜18時 



有料老人ホームの検索とネットからの【資料請求】と【見学予約】は公式サイトをご利用下さい。



探しっくす

探しっくす

全国約2,000件以上の有料老人ホーム・高齢者住宅を検索し、資料請求ができるサイト。
見やすくてわかりやすいサイトなので、おすすめしています。

介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



LIFULL介護

LIFULL介護

全国約32,000件以上の有料老人ホーム・介護施設情報を検索できるサイト。

物件数はが断トツに多いので、上記2サイトであなたがお探しの地域の施設数が少ない場合は、LIFULL介護で探してみて下さい。

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。