有料老人ホームで介護保険は使えますか?

介護保険使えます。ただし、有料老人ホームの種類によって介護保険で受けられるサービスが異なります。

 

有料老人ホームは介護施設ですので、当然介護保険は使うことが出来ます。

 

しかし、有料老人ホームはその特性から様々な縛りがあり、介護保険施設の特養(介老人護福祉施設・特別養護老人ホーム)や老健(介護老人保健施設)、在宅の介護保険とは違う一面があります。

 

そのため、入居した後に「これは介護保険で使えないの?」「介護保険が使えると思っていた」といった悩みを持つ方がいらっしゃいます。

 

ここでは有料老人ホームで使える介護保険、使えない介護保険についてご紹介していきます。

 

 

分かりにくい「特定施設」という種別の有料老人ホーム

有料老人ホームの中でも、介護付き有料老人ホーム「特定施設」と呼ばれる施設になります。

 

介護保険法では、特定施設で提供されるサービスを「特定施設入居者生活介護」といいます。介護保険の施設サービスだと思われがちですが、厳密にいうと在宅介護サービスの一つに挙げられます。
これが特定施設を分かりにくくしてしまいます。

 

「特定施設入居者生活介護」は在宅介護サービスには分類されますが、施設で生活する方に対して提供されるものですので、施設サービスと同等と考えておいて問題ありません。

 

特定施設=施設サービスと理解しておきましょう。

 

それでは、まずは特定施設である介護付き有料老人ホームについてみていきましょう。

 

介護付き有料老人ホーム(特定施設)で行われるサービス

特定施設で提供される「特定施設入居者生活介護」と呼ばれる介護保険サービスとはいったいどういったものなのでしょうか。

 

特定施設で要介護者、要支援者に対して総合的な支援をしていく介護保険上のサービスになります。

 

介護保険法第8条11項では次のように定められています。


「特定施設入居者生活介護」とは、特定施設に入居している要介護者について、当該特定施設が提供するサービスの内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画に基づき行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって厚生労働省令で定めるもの、機能訓練及び療養上の世話をいう。

 

訪問介護のように時間が決まっているわけでもありませんし、デイサービスのように決まったプログラムがあるわけでもありません。
特養や老健などのように介護が必要な方の生活を総合的に支援できるというものです。

 

また、ケアプランもきちんと作成されますし、モニタリングなども施設と同じように提供されていきます。

 

特定施設で提供される「特定施設入居者生活介護」のサービス以外の介護サービスは利用できない

ちなみに、介護保険施設の特養(介老人護福祉施設・特別養護老人ホーム)や老健(介護老人保健施設)であれば、その施設で提供されるサービス以外の介護保険サービスは使うことが出来ません。

 

特定施設もこれと同じです。そのため、在宅介護サービスでよく使われる福祉用具や住宅改修などのは使用することが出来ません。

 

在宅介護サービスに分類される特定施設では福祉用具や住宅改修が介護保険で賄えるのでは?と疑問に思う方がいらっしゃると思いますが、多くの自治体では使用することが出来ないのです。

 

しかし、これは最近の話であり、数年前までは特定施設で介護保険による福祉用具のレンタルや購入の補助や住宅改修が受けることができました。

 

介護付き有料老人ホームは本来要介護者を受け入れるためにある程度の環境整備を行う義務があるので、自治体としてはその義務の部分を保険で賄うことはできないと判断されたのです。

 

また、訪問介護や訪問リハビリなども介護保険は使うことが出来ません。特定施設で使える介護保険は特定施設と医師が往診などをする居宅療養管理指導だけです。

 

決して在宅介護サービスの延長ではないことを覚えておきましょう。

 

サービスが足りない場合はどうしたらいいのか

介護付き有料老人ホームでは、そこの施設で受けれる介護サービスしか使うことができません。

 

しかし、人によっては「もっと介護をして欲しい」「常にそばに人がいてほしい」というニーズを持っている人もいます。その場合はどういったサービスがあるのでしょうか。

 

その場合は、基本的には外部サービスを自費で利用する必要があります。

 

例えばもっと介護をして欲しいと考える場合なら家政婦を呼んでもいいです。

 

また、「もっとリハビリをして欲しい」なら訪問リハビリの自費、「マッサージなどをしてほしい」というのであればマッサージを自費で受けることが出来ます。

 

介護付き有料老人ホームでは高所得の方が多いので、施設よっては多くの家政婦が出入りしているところもあるほどです。

 

住宅型、健康型有料老人ホームの場合に使える介護保険のサービス

住宅型と健康型の有料老人ホームの場合は、完全に在宅扱いになりますので、在宅の介護保険であればサービスは利用できます。

 

訪問介護も訪問リハビリも、通所介護も介護保険の範囲内であれば問題なく利用することができます。福祉用具のレンタル、購入補助も利用できるでしょう。

 

しかし住宅改修の場合は、施設が環境整備をする必要があるからと保険が適用外になる可能性がありますので注意しておきましょう。

 

ちなみに、住宅型でも健康型でも訪問介護が併設されている場合が多く、そこの訪問介護を利用することが多いです。

 

また、住宅型や健康型は「特定施設」ではありませんので注意しておきましょう。

 

混合型の介護付き有料老人ホームの場合はさらに複雑になっているので注意!

高級介護付き有料老人ホームなどで採用されている、混合型の介護付き有料老人ホームがあります。

 

これは、一つの施設で元気な方と、介護が必要な方が一緒に住んでいるような施設であり、入居金が数千万円するような高級介護付き有料老人ホームでよくある形態です。

 

元気なうちに入居が出来て通常の居室(マンションの1室のようなイメージです)生活をする、介護が必要な状態になれば介護居室に移動をして介護を受けるというものです。

 

介護を受ける場合であれば、介護付き有料老人ホーム(特定施設)なら「特定施設入居者生活介護」を利用する必要があります。

 

しかし、まだ会える程度は元気であるが、生活の一部の支援が必要な方、まだ介護居室に移るぐらいのレベルではない方はどのような介護保険のサービスを使えば良いのでしょうか。

 

特定施設の「特定施設入居者生活介護」サービスは総合的な支援です。つまり1回掃除をしてもらっても、複数回掃除や洗濯、調理などをしてもらった場合でも料金は一緒です。
「特定施設入居者生活介護」は月額制の料金ですのであまりサービスを使わない方にとっては損をするシステムとなっています。

 

そのため、支援が少しで良い方に対しては特定施設の契約は結ばずに、外部のケアマネジャーと契約をして在宅介護サービスを通常の自宅のように介護保険を使う場合があります。
その方が使った分だけを支払うだけでよいですし、通所リハビリや訪問看護などニーズに合したサービスを利用することが出来るからです。

 

このように施設でも「特定施設入居者生活介護」のみを提供しているところや、「特定施設入居者生活介護」か「在宅介護サービス」か選択が出来るところもあるのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

老人ホーム選びの情報収集におすすめ!

老人ホームの情報収集には以下のサイトを利用するのがおすすめです。
気になる施設があった場合には、その施設の資料を入手してじっくり比較検討してみるのが良いでしょう。
複数の施設の資料を一括請求できるのでとても便利です。資料請求は『無料』です。


シニアの安心相談室 老人ホーム案内

シニアの安心相談室 老人ホーム案内

全国で2,800以上の有料老人ホームの【資料請求】【空室確認】【見学予約】をすることができます。
もちろん、すべて無料で利用できます。

『シニアの安心相談室 老人ホーム案内』の良いところは、電話でも相談できる点です。
「私の条件の場合は、どのような施設を選べば良いのかわからない」という場合は、気になる事を一つ一つ相談してみましょう。
有料老人ホーム選びに必要な知識と経験を有するベテランの女性相談員さんが、どのようなタイプの施設・サービスが必要なのかアドバイスしてくれます。
通話料も相談料も無料です。

通話料無料 0120-250-096
相談受付時間:【平日】9時〜20時 【土日祝】9時〜18時 



有料老人ホームの検索とネットからの【資料請求】と【見学予約】は公式サイトをご利用下さい。



探しっくす

探しっくす

全国約2,000件以上の有料老人ホーム・高齢者住宅を検索し、資料請求ができるサイト。
見やすくてわかりやすいサイトなので、おすすめしています。

介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



LIFULL介護

LIFULL介護

全国約32,000件以上の有料老人ホーム・介護施設情報を検索できるサイト。

物件数はが断トツに多いので、上記2サイトであなたがお探しの地域の施設数が少ない場合は、LIFULL介護で探してみて下さい。

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



有料老人ホームで介護保険は使えますか?関連ページ

特別養護老人ホームと養護老人ホームの違いってなんですか?
老人ホームとケアハウスってどう違うんですか?
特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違いって何ですか?
特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)の違いについて、施設の目的や体制、サービスなどの違いをわかりやすくご説明します。
年金だけで入れる老人ホームはありますか?