特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違いって何ですか?

特養と老健の違いは施設の目的

 

特別養護老人ホーム(略して「特養」と呼ばれています。以下、特養。)と介護老人保健施設(略して「老健」と呼ばれています。以下、老健。)は同じ老人ホームであり、介護に携わっていない方であれば同じ施設と思いがちです。

 

しかし、この特養と老健は、厳密には全く違う施設となっています。

 

特養と老健は、介護保険の制度上、「介護保険施設」に分類されています。
いわゆる介護保険3施設のうちの2つで、この施設に入所して受けるサービスを「施設サービス」といいます。

 

では、介護施設を代表する特養と老健、その大きな違いとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

具体的な例を挙げて、わかりやすく&詳しく解説いたしますので、今日までのモヤモヤをすっきり解消しちゃって下さい!

 

 

特養と老健、それぞれの施設の目的を理解しましょう

施設にはそれぞれ目的があります。この目的を理解することによって、施設の違いをスムーズに覚えることができます。

 

特養の目的:介護を受けながら生活をする施設

 

特養は、介護が必要な方が、介護を受けて自立した生活を営めるように支援をしていくことが目的とした施設です。
生活介護を受けながら日常生活を送る施設です。

 

老健の目的:自宅に戻ることを目的にした介護&リハビリが受けられる施設

 

老健は、医療やリハビリが必要かつ介護も必要な方を受け入れて支援をし、在宅復帰を目指すことを目的とした施設です。

 

この特養の目的の「生活」と、老健の目的の「在宅復帰」が、それぞれの施設特徴を大きく示しています。

 

特養は介護を受けながら施設での生活を送ってもらうことが目的としていますが、老健は、最終的には自宅に帰ることを目的としていて、その目的に向けて医療やリハビリ、介護を提供する施設となっています。

 

この目的を達成するために、特養と老健は人員配置や入居条件などの違いがあるのです。

 

特別養護老人ホーム・特養(介護老人福祉施設)の人員配置や入居条件についての詳しい解説は「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」をご覧ください。

 

介護老人保健施設(老健)人員配置や入居条件についての詳しい解説は「介護老人保健施設(老健)」をご覧ください。

 

特養と老健の特徴的な違い

特養と老健では、施設の目的が違うことをご説明しましたが、目的が異なれば、施設の体制なども異なる部分があるのは当然といえます。

 

ここでは、特養と老健の特徴的な違いをいくつかご紹介します。

 

特養は最期まで看てくれる

特養は基本的には「看取り」まで看てくれます。人生の最後の最後まで生活をすることができます。

 

支援の方法も自宅のように過ごしてもらい、安心して過ごせれるように支援をしていきます。

 

例えば、居室に思い出の物を飾ったり、食堂のテーブルに思い出の品を置いたりなど、様々な方法で心の充実を図ります。

 

また、看取りをするので、葬儀が出来るようなホールを完備しているなど、看取りの際の設備も充実しているところが多いといえます。

 

一方、医療的なケアやリハビリは弱い部分がありますので、充実した医療ケアを受けたい、リハビリをして元気になりたいという方は特養には合っていないといえます。

 

老健は自宅に帰ることが前提の一時利用型施設

先ほどご説明した通り、特養は退去自体することがほとんどありませんし、退去を検討されること自体ありません。終身利用を前提にしや施設です。

 

一方、老健は、いずれは施設から退去する=自宅に帰ることが前提の、一時利用型の施設です。

 

終身利用が前提の施設と、一時利用が前提の施設であることも特徴的な違いですね。

 

一時利用ということはいずれは退去?どうやって決められるの?

一時利用が前提の施設で、介護とリハビリが受けられる老健ですが、老健では「自宅に帰る」ということを、どのように判断したり決めたりしているのでしょうか?

 

老健では、自宅に帰れるのかの判定会議が定期的に行われています。

 

入居してからおおよそ3か月おきに自宅に帰れるのか判定をしていきます。その時点でまだ帰れないと判定されれば、継続して入居することが出来ます。

 

しかし、「自宅に帰れる」と判定されるには、どのような過程を踏んでいくのでしょうか。

 

まず、医師や看護師、リハビリ専門職、生活相談員などで検討をします。そこで帰れると判断されれば、まず自宅の環境が適しているのかどうかを検討していきます。

 

生活相談員やリハビリ専門職を中心に自宅の環境が整っているのか、手すりや段差の高さなどを把握していきます。
また、家族がどこまで介護に対して協力的なのかも把握していきます。

 

それらの課題をクリアしていけば、退去となります。しかし、最初の内はショートステイを利用したりなどをして徐々に自宅への生活に慣れてもらうことが多いです。

 

特養は医師が委託、老健は専属の常勤医師がいる

医療的な面を見ると看護師の多さなどの違いがありますが、最も特徴的なのは特養は医師がいないことに対して、老健では常勤で1名以上配置されることが条件となっています。これは非常に大きな違いになります。

 

看護師は医療を提供しますが、それは全て医師の指示の下で動いています。

 

特養のように医師が外部の委託の場合は連絡をとって指示を仰いだりしないといけませんのでどうしてもタイムロスが起きてしまいます。

 

対して老健の場合は何かあればすぐに医師の指示を仰げますし、場合によっては医師の処置も受けれますので心強いといえます。

 

医師が常勤していますので、ある程度複雑な医療処置が必要な場合でも対応できますのでその点は老健と比べると大きな違いであるといえます。

 

老健はリハビリ専門スタッフが配置されている

最近では特養でもリハビリのスタッフを配置しているところもありますが、その数はまだまだ少ないです。

 

特養ではリハビリのスタッフの配置基準がありませんので、置かなくても良いのです。

 

しかし、老健にはリハビリ専門スタッフの配置基準があります。

 

作業療法士や理学療法士などのリハビリ専門のスタッフを配置しないと運営をすることが出来ません。

 

リハビリ専門スタッフの有無、これも特養と老健の大きな違いだといえます。

 

具体例で理解!特養と老健の一日の過ごし方の違い

これまで特養と老健の違いをご説明してきましたが、実際に入所するとどのような生活を送ることになるのでしょうか?

 

施設の目的が「生活」と「在宅復帰」では具体的に何が違うのか?入所者の一日の過ごし方の具体例を比較してみることで、さらにイメージができて理解しやすくなると思います。

 

特養の一日の過ごし方

特養を理解するためには、まず特養で暮らす高齢者の一日を見ていきましょう。

 

要介護3の車いすの女性の場合です。

 

特養の朝は早いです、6時半ごろには起床をして介護士のケアを受けながらモーニングケアを行います。

 

着替えなどが完了すれば、食堂に行き食事を食べます。自分で食べることが不自由になっていますので、介護士が必要な部分の介助を行います。

 

食後は少しゆっくりとします。他の入居者をお話をしたり、職員とコミュニケーションを取っていきます。ゆっくりすることが出来れば、ベッドに寝かせてもらえるのを順番に待ちます。

 

ベッドで横になれば排せつ介助です。おむつ交換をしてもらいます。おむつ交換が完了すれば昼食の用意があります。

 

昼食前には口腔体操があり、職員が前に立って口を動かす運動をします。

 

昼食を食べた後は、入浴介助です。

 

お風呂後は水分補給をしてレクリエーションを行います。

 

レクリエーションは様々な種類がありますが、本日のレクリエーションはクイズ大会でした。職員と入居者が共同してクイズを解いたりして盛り上がっています。

 

おやつを食べてからは横になってお昼寝です。

 

夕食前に排せつ介助をしてから起床し夕食を食べます。

 

食後は寝る前の準備をします。排せつ介助をしたり、着替えたりを行って20時頃には就寝します。

 

特養は生活をする場ですので、食事介助やおむつ交換はもちろんですが、レクリエーションやコミュニケーションも積極的に取って心の充実を重点的に行います。

 

 

老健の一日の過ごし方

老健も見ていきましょう。

 

身の周りのことはほとんど自分で出来るが、歩行に若干の不安が残る要介護1の男性の方です。

 

起床は朝食が始まる10分前になります。自分で着替えなどを行い、食事をとります。

 

食後は新聞を読んで、リハビリの順番を待ちます。リハビリは専用のリハビリ室にて作業療法士が担当してくれます。

 

本日のリハビリは階段の昇降です。階段を上る際、降りる際のポイントを教えてもらいます。

 

リハビリの後は自分でリハビリの機械を使って、筋力トレーニングをします。

 

昼食を食べます。

 

昼食後は入浴を行います。お風呂は自分で入ることができますが、主治医の往診があるので少し早めに上がりました。

 

主治医の診察を受けて、おやつの時間です。

 

おやつが終われば、仲間と将棋をして楽しみます。少し楽しんだら夕食まで歩く練習をしました。

 

夕食後はゆっくりと過ごして22時に就寝します。

 

やや極端な例を出しましたが、リハビリをして自宅に帰りたいと思っている男性は、リハビリに精を出しつつ、仲間と将棋をしたり楽しんでいます。リハビリではリハビリの専門職が付くことも老健の特徴だといえるでしょう。

 

特養と老健の違いを理解するためのポイント&まとめ

特別養護老人ホーム(特養)は、一般的に老人ホームといわれるものです。
この特別養護老人ホーム(特養)を一言で説明すると、生活の拠点として最期まで生活することができる施設ということです。

 

それに対し、介護老人保健施設(老健)は、生活の場(自宅)と病院の中間にあるという存在です。

 

病院での病気治療を行い、リハビリなどの入院期間が長期となってしまい、自宅での日常生活が困難となったご高齢者に対し、リハビリなどの機能回復訓練を行い、家庭での自立した生活ができるようにすることを目的としている施設です。

 

特別養護老人ホーム(特養)と老健の違いを的確に理解する為には、特養は終身型の充実した生活を送る施設、老健は一時利用型の医療とリハビリに強い施設と覚えておきましょう。

 

もっとも最近では医師を配置したり、リハビリ専門職を配置したりする特養が増えてきたりしています。
また、老健では昔から特養並みの長期利用が問題となっています。

 

実情ではそこまで明確に分かれてはいない面もありますので、施設を選ぶ際には体制や提供されるサービスをよく確認するなど、注意しましょう。

 

特別養護老人ホーム・特養と介護老人保健施設(老健)について詳しい情報はこちら。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
介護老人保健施設(老健)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

老人ホーム選びの情報収集におすすめ!

老人ホームの情報収集には以下のサイトを利用するのがおすすめです。
気になる施設があった場合には、その施設の資料を入手してじっくり比較検討してみるのが良いでしょう。
複数の施設の資料を一括請求できるのでとても便利です。資料請求は『無料』です。


シニアの安心相談室 老人ホーム案内

シニアの安心相談室 老人ホーム案内

全国で2,800以上の有料老人ホームの【資料請求】【空室確認】【見学予約】をすることができます。
もちろん、すべて無料で利用できます。

『シニアの安心相談室 老人ホーム案内』の良いところは、電話でも相談できる点です。
「私の条件の場合は、どのような施設を選べば良いのかわからない」という場合は、気になる事を一つ一つ相談してみましょう。
有料老人ホーム選びに必要な知識と経験を有するベテランの女性相談員さんが、どのようなタイプの施設・サービスが必要なのかアドバイスしてくれます。
通話料も相談料も無料です。

通話料無料 0120-250-096
相談受付時間:【平日】9時〜20時 【土日祝】9時〜18時 



有料老人ホームの検索とネットからの【資料請求】と【見学予約】は公式サイトをご利用下さい。



探しっくす

探しっくす

全国約2,000件以上の有料老人ホーム・高齢者住宅を検索し、資料請求ができるサイト。
見やすくてわかりやすいサイトなので、おすすめしています。

介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



LIFULL介護

LIFULL介護

全国約32,000件以上の有料老人ホーム・介護施設情報を検索できるサイト。

物件数はが断トツに多いので、上記2サイトであなたがお探しの地域の施設数が少ない場合は、LIFULL介護で探してみて下さい。

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違いって何ですか?関連ページ

特別養護老人ホームと養護老人ホームの違いってなんですか?
老人ホームとケアハウスってどう違うんですか?
有料老人ホームで介護保険は使えますか?
有料老人ホームで介護保険は使えます。ただし、有料老人ホームの種類によって、介護保険で受けられるサービスが異なります。有料老人ホームの種類別に、介護保険で受けられるサービス、使えないサービスを解説します。
年金だけで入れる老人ホームはありますか?