特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違いって何ですか?

特別養護老人ホームは、一般的に老人ホームといわれるものです。
この特別養護老人ホームを一言で説明すると、生活の拠点として最期まで生活することができる施設ということです。

 

それに対し、介護老人保健施設は、生活の場と病院の中間という存在です。
病院での病気治療を行い、リハビリなどの入院期間が長期となり、自宅での日常生活が困難となったご高齢者が、リハビリなどの機能回復訓練を行い、家庭での自立した生活ができるようにすることを目的としている施設です。

 

介護老人保健施設の場合は、入所者100人に対して常勤医師1名以上がいます。
看護師は10人以上という規定があります。
特別養護老人ホームの場合は、常勤医師の指定はないので、医師不在という施設もあります。
看護師は3人以上という規定です。

 

一番の特徴としては、この医師が常勤しているかどうかという点だと思います。
医師が常勤しているということは、万が一のことがあっても、早急な対処ができるということですね。
ご家族にとっては、とても安心ができます。

 

特別養護老人ホームの場合、「生活の拠点・最期まで暮らす場所」となりますので、なかなか空き室がないという現状があるようです。

 

介護老人保健施設の場合は、「家庭への復帰をめざして」という目標がありますので、機能回復訓練やレクリエーション、リハビリ等を行って、日常生活に必要な動作などができるまで、この施設にいることになります。
ですから、病状が安定し、日常生活をある程度自立して行うことができると判断されれば、施設から自宅へ戻ることになります。
そういうわけで、介護老人保健施設の場合は空き室も出やすいという面があるようですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

老人ホーム選びの情報収集におすすめ!

老人ホームの情報収集には以下のサイトを利用するのがおすすめです。
気になる施設があった場合には、その施設の資料を入手してじっくり比較検討してみるのが良いでしょう。
複数の施設の資料を一括請求できるのでとても便利です。資料請求は『無料』です。


シニアの安心相談室 老人ホーム案内

シニアの安心相談室 老人ホーム案内

全国で2,800以上の有料老人ホームの【資料請求】【空室確認】【見学予約】をすることができます。
もちろん、すべて無料で利用できます。

『シニアの安心相談室 老人ホーム案内』の良いところは、電話でも相談できる点です。
「私の条件の場合は、どのような施設を選べば良いのかわからない」という場合は、気になる事を一つ一つ相談してみましょう。
有料老人ホーム選びに必要な知識と経験を有するベテランの女性相談員さんが、どのようなタイプの施設・サービスが必要なのかアドバイスしてくれます。
通話料も相談料も無料です。

通話料無料 0120-250-096
相談受付時間:【平日】9時〜20時 【土日祝】9時〜18時 



有料老人ホームの検索とネットからの【資料請求】と【見学予約】は公式サイトをご利用下さい。



探しっくす

探しっくす

全国約2,000件以上の有料老人ホーム・高齢者住宅を検索し、資料請求ができるサイト。
見やすくてわかりやすいサイトなので、おすすめしています。

介護付有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。



LIFULL介護

LIFULL介護

全国約32,000件以上の有料老人ホーム・介護施設情報を検索できるサイト。

物件数はが断トツに多いので、上記2サイトであなたがお探しの地域の施設数が少ない場合は、LIFULL介護で探してみて下さい。

老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の検索と資料請求(無料)をすることができます。